シンガポール生活

【シンガポール】みんな知らない?フォトジェニックな緑ラインの駅を徹底調査!

2020年8月15日

シンガポール フォトジェニック

レッドヒル駅

シンガポールにはフォトジェニックなスポットがたくさんあります。

  • アラブストリート
  • リトルインディア
  • プラナカン…

それ以外に観光地ではありませんが、実はフォトジェニックな駅がいくつかあるので調査してきました!

とっても作業は地味でしたが、写真は映えてます。笑

 

シンガポールのMRT

シンガポールのMRT(地下鉄)は非常にわかりやすく便利です!

路線図

中心を通るのはこの5つのライン。色で分かれているのでわかりやすい。

シンガポールの路線図

  • North South Line
  • North East Line
  • East West Line
  • Circle Line
  • Downtown Line

観光で来てもMRTはとっても便利なので活用しましょう。なぜならとても安いから

 

(例)East West Line

チャンギ空港ートゥアスリンク間(端から端)

スタンダードチケット 2.8ドル(約220円)

Ez-Linkカード(suicaのようなもの)2.17ドル(約170円)

時間にすると、80分くらいの距離です。

 

シンガポールは物価が高いと有名ですが、公共交通機関はとても安い

バスも本当に色んな路線があるので便利です。

 

路線図でフォトジェニックな駅を確認

フォトジェニックな駅の路線図

East West Line(グリーンライン)の、中心地から西側です。

チョンバル駅(Tiong Bahru)から中心に入っていくので、電車は地下に入ります。

 

実際に行ってみた

以前に用事でクレメンティに行った時にカラフルな駅が続いていることに気付いてから、気になって仕方ありませんでした。

平日休みがあったので、いざ。

通勤時間にかぶると人が多いので、その時間を避けて調査にいってきました!

 

REDHILL レッドヒル

レッドヒル駅

 

レッドヒル駅はピンク

天井や柵まで全部ピンクでかわいい。一番映える駅かもしれませんね。

レッドヒルは大きなコンドミニアムが駅前にいくつかあり、日本人も多く住む場所。1駅行けばチョンバルなので便利。

 

QUEENSTOWN クイーンズタウン

クイーンズタウン駅

 

クイーンズタウン駅は綺麗なブルー。爽やかですね。

個人的にはここが一番好きです。

こちらもコンドミニアムやHDB(シンガポールの団地)が多く、家族で住んでいる人たちが多いです。

 

COMMONWEALTH コモンウェルス

コモンウェルス駅

 

コモンウェルス駅はビタミンカラーのイエロー

この辺りは、学校や教会などが多いようです。(チラッと学生が写ってます)

 

BUONA VISTA ブオナヴィスタ

ブオナヴィスタ駅

 

ブオナヴィスタ駅は青っぽいグリーン

ブオナヴィスタの駅を降りると、Star Vistaというショッピングモールがあります。スタービスタの中には、スパゲッティーの五右衛門やイマカツ、やよい軒、CoCo壱、和民などなど日本食のレストランが多く入っています。

また、シンガポールで一番有名なスタバもこの駅から徒歩で行けます。

Starbucks Rochester

 Starbucks Coffee  Rochester Park

緑に囲まれた一軒家のスターバックス。シンガポールのコンセプトストア第1号店です。

世界のスターバックス12選」などにも選ばれています。

 

DOVA ドーヴァー

ドーヴァー駅は特にカラーはありませんでした。

 

CLEMENTI クレメンティ

クレメンティ駅

 

クレメンティ駅もブルー

天井までは色はあまりない感じでした。

クレメンティには日本人学校があるので、日本人が多く住んでいます。モールもあって買い物なども便利です。

 

JURONG EAST ジュロンイースト

ジュロンイースト駅

 

ジュロンイーストもそれまでのような色はありませんでした。でもこれはこれでかっこいいかな?

ジュロンイーストには大型ショッピングモールがいくつかあり、中心まで出ることなく全てこの駅周辺でまかなえます。

また、なんとジュロンにはドンキホーテ(Don Don Donki)が2店舗あるのでとっても便利。

 

インスタ映えの駅:まとめ

いかがでしたか?

シンガポールは街もショッピングモールもとにかくPhotogenicInstagrammableを常に意識しているようで、色々注目しながら歩いていると本当に多くのフォトジェニックスポットを発見することができます。

ただ、「駅」は盲点でした!

朝夕の通勤時間を避けて平日昼間に行くとこれくらい空いているので写真も十分撮れると思いますので是非探検してみてください!

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-シンガポール生活

© 2021 銀のNOTEBOOK