シンガポール生活

【シンガポール発】出発前に確認!どこよりも詳しい乗船レポートードリームクルーズ(ブログ)

どこにも行かないクルーズとは?

シンガポールから出てどこにも寄らずにシンガポールに戻ってくるどこにも行かないクルーズ。

なかなか旅行に行けないので、シーケーションを楽しむのは一つの手です!

実際に乗船してみて、次行くなら気をつけたいことをまとめてみました。

クルーズの内容や予約方法はこちらから>>

 

ワールドドリーム乗船までの流れ

普通の旅行と違うため、予約後どういう流れになるのかわかりづらかったのでまとめてみました。

現在コロナ禍なので、通常とは異なります。

 

オンラインチェックイン

予約完了したら…

オンラインチェックイン(出発90日をきってから)

パスポート情報などを入力し、オンラインチェックインをします。

完了するとQRコード付きのSail Passが出ます。

フライトでいうE搭乗券のようなのもの。

 

Your COVID-19 Test Time

Sail Passの中にコロナ検査が受けられる時間帯が書いてあるので、必ず確認。

 

私達は13:45 - 14:00でした!

 

ここに書かれた時間帯にコロナ検査を受け、そのまま乗船できます

出航は21時ですが、その前に夕食をとったり施設を利用することができます。

 

※ロイヤルカリビアンの場合のコロナ検査は異なります。(出発日前に検査)

 

当日の流れ(乗船前の手続き)

マリーナベイクルーズセンター

どこから乗るの?

場所:Marina Bay Cruise Centre

最寄り駅:Marina South Pier(駅から約徒歩10分)

 

3階でまず手続き~検査まで(約1時間)

  • Decleration(書類記入orスマホで)
  • パスポートチェック
  • ART検査
  • 結果待ち

 

2階に移動して、必要手続き(約30分)

  • 荷物検査
  • キオスクでパスポートスキャン(カード)
  • ICとパスポートを見せる
  • トークン(MICE POD)をもらう
  • イミグレーション

 

そして、乗船!

 

私達は日曜出発で、すべての手続きをして乗船するまで約1時間半かかりました。

 

ただ、名前のアルファベットなどでブースが分かれていたり、とても要領が良くすべて流れはスムーズでした。

別のブログで読むと40分と書いている人もいたので、時間帯や曜日によって差はあるようです。

検査前にペットボトルの水1本と出発日のスケジュールをもらったので待ち時間はこれで時間つぶし。

 

 

COVID TEST(コロナ検査)

ART検査 (ANTIGEN RAPID TEST)を受けます。

鼻腔拭いによる検査ですが、痛くありませんでした。(鼻こよりみたいな感じ。笑)

 

乗船したらまずこれをしよう

バルコニールーム

 

乗船したらまずすること

Dream Cruises アプリをダウンロード

Wifiの設定

乗船したらすぐに探検に行きたくなりますが、この二つは先にしておきましょう。

早めに乗船できた人は予約なども早めにできるのでラッキーです。

 

Dream Cruises アプリ

船内の情報がすべてここから確認ができます。

船内のWifiを接続しないと使えないようになっていますので、まずつないでみてください。

Entertainmentショーは予約枠が決まっています

アプリからBOOKINGができるので、見たい人は一番最初に抑えておきましょう。

はやくにすべて埋まってしまいます!

アプリの使用方法は下に記載。

 

Wifiの設定(必要な人のみ)

アプリを使う以外はWifiはすべて有料です

Wi-Fiが必要な人はプランを選びましょう。

 

料金プランは以下のような感じ。

  1 device 2 device 4 device
Premium 14SGD 25SGD 42SGD
Standard 9SGD 16SGD 27SGD

Per nightの料金です。

24HR使えるプランもあり、25SGD(PREMIUM)です。

ふたりで2device以上 のプランの申し込みをする場合は、ひとりが購入し、購入した人の生年月日でログインをすると使用できます。

 

メモ

私たちはスタンダードを利用しましたが、Wifiのスピードは少し物足りませんでした。

仕事をしたい人はPremiumが必要かもしれません。

 

接続方法がわからない場合は6階(Deck6)のロビー教えてくれます。

 

乗船中に使うアプリ Dream Cruises

ログイン方法

  1. Connect to "DREAM WIFI" on board network
  2. 船内のwifiに接続します。
  3. I am onboardを選びます

その後は部屋番号(cabin number)と生年月日を入れるとログインできます。

 

何ができる?

  • ショーなどのブッキング
  • 自分のスケジュールの確認
  • 支払い額の確認と支払い方法
  • レストラン情報
  • 位置情報
  • 同行者と連絡をとる

 

いくら使っているのかを確認する方法

アプリのHOMEの左上にあるMy Accountから確認できます。

一番上にあるGratuityとはチップのようなもので、最初から入っています。

 

最終日、シンガポールに着いてからの流れ

どこにも行かないクルーズ

  • 下船の順番と時間帯を確認
  • 部屋まで呼びに来てくれるまで待機
  • mice pod(トークン)返却
  • イミグレーション
  • カスタム(税関)

前日に階(Deck)ごとに、何時に出れるかのお知らせがきます。

時間がおしたり早まったりすることはありますが、部屋をノックしてくれるので安心して部屋で待機。

この間にアプリから支払いを済ませましょう。(Quick Pay)

部屋を出てからクルーズセンターを出るまでたったの30分弱

何もかも徹底していて、無駄が何もありませんでした。

 

実際にワールドドリームに乗船してわかったこと

実際に乗船して色々わかってきたので、次回役立つようにまとめてみました。

 

持ってきてよかったもの

上着

船内はエアコンがかなり効いているところがあります。

外は相当暑く、室内は寒いので体温調節できるようにしましょう。

 

帽子・サングラス

日差しが相当強いので熱中症には気をつけましょう。

サングラスなしではかなり目が痛くなりました。

 

小さいかばん

クビからかけるパスケースをもらえますが、それ以外にも色々持ち歩きたい人は小さなかばんがあると便利。

支払いはすべてカードキーでチェックして、あとでまとめて支払うので財布を持ち歩かなくていいのが楽です。

何も持ち歩きたくない人は、カードキーとトークンだけでOK!

スニーカー

フィットネスジムの利用、ロープコースの利用にはスニーカーが必要です。

本・Kindle

バルコニーで、プールサイドで、カフェで、時間はたくさんあるので贅沢に読書。

 

持ってきたらよかったもの

ドリップコーヒーや日本茶

とにかくコーヒーだけが残念。

レストランやスナックコーナーでコーヒーはもらえますが、美味しくありません。

また、有料カフェのコーヒーは可もなく不可もなく、という感じ。

バルコニーなどでゆっくりお茶タイムなどをしたい場合は持参することをおすすめします。

小さい電気ケトルは部屋にありました。

紅茶はリプトンのティーバッグです。

 

効率よくまわるコツ

どこにも行かないクルーズ

最初に探検しにいこう

最初は広すぎて迷いますが、ある程度アクティビティエリア・カジノエリアは決まっているので、割とすぐに把握できます。

船の前側なのか、後ろ側なのかを頭に入れておくとわかりやすい。

 

朝・昼・夕の食事をどこでとるかを決めておこう

ビュッフェ以外は満席で入れないことがあるので、遅めに食事をとりたい人はOPEN時間に予約だけしにいきましょう

また、有料レストランを利用する場合も予約を。

 

ショーは乗船後すぐに予約しよう

私達は乗船が早いほうだったので予約枠は十分に空いていましたが、遅い場合はついてすぐに確認したほうがよさそうです。

 

アプリで予約ができないものは最初に抑えよう

プールやフィットネスなどアプリで予約ができないものはカウンターに行く必要があります。

もしくは部屋からの電話をかけて予約ができるか聞いてみてください。

 

アプリでスケジュールをチェックしよう

スマホを持ち歩いていればいつでもスケジュールが確認できるので便利。

アプリが使いづらい人は毎日届けてくれる紙のスケジュールもあります。

 

ただ、どこにも寄らずにずっとクルーズ内で過ごすので色々決めすぎずに自由きままに過ごすのもひとつ。

予約が必要なものだけを抑えておいてあとは心に余裕をもって過ごしたいですね!

 

ワールドドリームのコロナ対策

マスク着用義務

飲食中、運動中(プール含)以外はマスク着用が義務付けられています。

少しでもずれて鼻が出ていたりするとすぐに注意されます。

お酒が目の前に置いてあっても飲んでいない時は着用するように言われました。

 

ただ、スタッフが目を光らせてはいますが、注意の仕方はとても丁寧で嫌な感じは全くしませんでした。

 

セーフティーディスタンス

ロビーのソファ、レストランのテーブル、ジムのマシンなどしっかりディスタンスを確保。

人が集まるレーザーショーなどのイベントでもしっかりわかりやすいようにエリアを区切ってくれていました。

シアターももちろん何席か空けて座るので、逆にゆったりできて快適でした!

どこにも行かないクルーズクルーズ

シアターの座席

 

チェックイン・チェックアウト

mice pod(ピンクのトークン)は常に持ち歩く必要があります。

船内のそれぞれの施設に入る前はカードキーをタップします。

 

まとめ:充実したシーケーションを

夕日も見逃さずにね!

いかがでしたか?

あらかじめ色々わかっていれば、乗ってから把握するまでの時間が短縮できるので思いっきり遊べます!

特に2泊の場合はまるまる1日遊べるのは中日の1日しかないので効率よく回りたいですね。

部屋や施設についてはこちら>>

食事・アルコールについてはこちら>>

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-シンガポール生活

© 2021 銀のNOTEBOOK