シンガポール生活

【シンガポール】子連れでORTOへ-亀ミュージアムとトランポリン

ORTO オルト

休日1日中遊べる場所がなかなかないシンガポール。

でも、Yishunエリアにある総合レジャー施設ORTOでは親子連れで1日遊べます!

友達の子どもと一緒に遊びにいってきたのでまとめました。

 

総合レジャー施設ORTOとは

ORTO 地図

Khatib駅から徒歩10~15分ほどのところにある、総合レジャー施設です。

場所はYishunエリア!

 

釣りトランポリンなどが楽しめ、レストランもそろっているので長時間過ごせます。

また、亀の博物館も2019年にチャイニーズガーデンからこちらに移転しました。

中心部からは少し遠いですが、施設内で十分な時間を過ごせるので少し遠出をして出かけるのもいいですね。

 

亀博物館 Turtle & Tortoise Museum

亀博物館

Turtle & Tortoise Museum

元々チャイニーズガーデンにありましたが、2019年にこちらに移転しました

色々な種類の亀がいて、エサをあげることができます。

 

入場料

Adults/Seniors: $14

Children (3-6 years old): $10

シンガポール人割引あり

 

実際に亀博物館で遊んでみた

入場料とは別に、受付でエサを購入することができます。

白菜が陸亀用、コイのエサみたいな方が海亀用で、2ドルです。

まずは陸亀(tortoise)。

置物かのように、そこらへんにいます。

かなり大きい!

カメ シンガポール

別の柵のところに入ると、小さめの海亀がたくさんいます。

エサをあげると続々と集まってくるのでなかなか異様な光景です。

カメ ミュージアム

2歳の男の子。

カメ博物館

上手にエサをあげることができました。

水槽に入った亀は色んな種類があり、説明書きがありました。

こんな色んな種類の亀は見たことない。

亀博物館

エサをあげたりしていたので、かなりここで時間をつぶすことができました!

 

注意

  • 屋根がなくて直射日光が当たるところが多いので日焼け&熱中症対策を
  • 地面にはボコボコしたところが多かったり、池があるので特に小さいお子様は足元に気をつけてください
亀博物館

コケないように、落ちないように気をつけよう

 

 

トランポリン Katapult Trampoline Park

シンガポール トランポリン

大人も一緒に楽しめる、トランポリン。

1時間ごとのブロックで入れ替わるので、キリのいい時間から入れます。(例:13時~14時)

料金

1時間の料金: 15ドル(週末19ドル)

2時間の料金: 28ドル(週末35ドル)

 

4歳以下は大人ひとりつく必要がありますが無料です。

飛ばない場合の入場料は3ドルです。

 

Bounce Singapore では1時間25.90ドルするので、かなりリーズナブルですね。

 

実際にトランポリンで遊んでみた

シンガポール トランポリントランポリン

色んなコーナーがありました。

※ドッヂボールコーナーはcloseになっていました。

日曜のお昼12時に訪れましたが、そこまで混み合っていることはなく十分安全に遊ぶことができました。

トランポリンひとつにつき、ひとりというルールがあるので気をつけて。

頑張って飛ぶ、2歳児。

トランポリン

正直、トランポリンはかなり体力を消耗するので1時間で十分。

腰やひざなどを痛めないように気をつけて・・・(主に大人)

ただトランポリンはストレス解消になりますね。

時間:12:00-19:00(月)10:00-19:00(火ー金)10:00-21:00(土日祝)

その他のアクティビティー

エビ釣り

エビ釣り

私達は亀の博物館と、トランポリンで遊びましたが他にも様々なアクティビティーがあります。

シンガポールで人気の海老釣りも賑っていました!

  • 海老釣り Prawning
  • 釣堀 Fishing Paradise
  • 魚とり(キッズ)Longkang Fishing
  • ゴーカート Maximum Drift Karting Area
  • ペイントボール Red Dynasty Paintball Park ※一時close中
  • スポーツフィールド uber sports ※5月4日までclose

詳しくは公式HPから>>

 

ORTO施設内のレストラン

ORTO レストラン

施設内にはレストランもあるので食べるものにも困りません。

夜は多くのお店でビールやハイボールをタワーで注文すると安いようです。

ビアガーデン気分で楽しめそうですね。

  • Bistro V
  • BKK Bistro & Bar
  • Dong Xing – The Taste of East Asia
  • Kamikaze Asian Tapas Bar
  • Tasty Loong at Orto Park
  • M.A.D. – Modern Asian Desserts
  • Mookatsa
  • Quench! Bistro & Bar
  • SGMY
  • TG Bistro

Diningのお店情報はこちらから>>

注意 お昼は開いていないお店も多いので必ず確認してください。

 

私達は中華料理のレストランに入りました。

Tasty Loong 

(13時過ぎにはほとんどお店が開いてなかったので選択肢があまりありませんでした)

亀の博物館は暑かったし、その後トランポリンでしっかり運動もしたのでビールがおいしい。

ORTO レストラン

このホタテ美味しかった!

料理もあまり辛さやくせが強いものではなかったので食べやすかったです。

 

まとめ:遠足にいった気分

イーストの方から向かったので、遠出気分。

遊べる施設がぎゅっと固まっているので、動きやすいです。

ぜひご家族で休日に訪れてみてはいかがでしょうか?

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-シンガポール生活

© 2021 銀のNOTEBOOK