マルタ

【バレッタ】マルタの小さな首都はまるごと世界遺産ー女子旅ブログー

2020年11月6日

マルタ 現地ツアー

端から端まで歩いても約20分、人口も6700人ほどしかいない小さな街。

しかし、国と同じでこのバレッタも長い歴史や魅力がギュッと色々詰まった首都です。

とにかくあちらこちら歩いてみました!

 

バレッタはどんな街?

マルタ女子旅

バロック様式の歴史ある建物が並びます。

街全体が世界遺産に登録されていて、街並みには統一感があります。

古い建物ばかりなので、急に異世界に入り込んだような感覚に。

 

バレッタはこんな街:まとめ

  • 世界遺産に登録(1980年)
  • バロック様式の建物
  • 聖ヨハネ騎士団の面影

 

どこもかしこもフォトジェニック!

 

バレッタの歴史

バレッタは美しい街ではありますが、戦いの歴史があります。

オスマン帝国の攻撃に備え、壮大な城壁が街を取り囲んでいます。

こんなに素敵な街ではありますが、ところどころ戦争の歴史を感じさせる場所が。

マルタ バレッタ

外からの敵の進入に備えた砲台

 

バレッタ内マップ

メインストリートはリパブリックストリート

この通り沿いには、聖ヨハネ大聖堂や国会議事堂、騎士団長の宮殿などバレッタの主要な建物が並んでいます。

バス停(シティーゲート)から聖エルモ砦までまっすぐ歩いて約20分。

歩行者天国になっていますので、ぶらぶら散歩しましょう。

中心に戻ればリパブリック通りがあるため、迷う心配はありません。

 

バレッタの見所

マルタ共和国

小さなエリアですが、観光スポットがたくさんあります!

 

聖ヨハネ大聖堂 St John's Co-Cathedral

外から見るとそんなに目立つ建物ではありませんが、中に入るととっても豪華。

騎士団がキリストの授洗礼者「聖ヨハネ」を称えるために建てた大聖堂です。

時間 9:30am - 02:30pm (月ー土)日曜祝日休み

 

アッパーバラッカガーデンズ Upper Barrakka Gardens

最もきれいな景色が見られます。

公園内には噴水や花壇がありましたが、とにかく日陰という日陰はすでに人が座っていて、早めに退散しました。

時間 07:00am - 10:00pm

 

国立考古学博物館 National Museum of Archaeology

バレッタの歴史を知ることができます。神殿などから発掘されたものなどがたくさん保管されています。

時間 10:00am - 04:30pm (木ー日)月ー水 休み

 

国立戦争博物館 National War Museum

マルタの戦争の歴史を知ることができます。

時間 09:00am~06:00pm

 

騎士団長の宮殿 Grand Master's Palace

見学できるのは一部ですが、中世の甲冑などを見ることができます。そして建物が立派。

時間 09:00am - 05:00pm

 

実際にバレッタを歩いてみた

バレッタの街並み

とりあえず、宿泊場所のセントジュリアンからBOLT(配車サービス)を使ってバレッタに到着。

もちろんバスターミナルがあり、たくさんのルートのバスがここに来るのでバスを使うのも便利です。

まず、街をぶらぶらしながら展望台を目指します。

リパブリックストリートから横の通りに入ると、海に向かって下り坂になっています。

建物は統一感のある色で、出窓やドアがカラフルなのがかわいい。

どこも切り取っても絵になるバレッタ。

写真を撮ったり、気になるお店に入ってみたり…

なかなか目的地にたどり着きません。笑

海沿いの通りに出て大回りで向かいます。

こちらが展望台。

マルタのバレッタ

世界遺産の首都、バレッタ

そしてUpper Barrakka Gardensへ。

景色が最高。

こんな素敵な写真も撮れますよ。

あとはまたメインストリートに戻って

アイスを。

(この時気温は37度、とにかくごはんよりアイス!という感じでした)

 

そしてビールを。

(とにかくごはんより冷たい飲み物をという感じでした)

 

元気を取り戻したところで、聖ヨハネ大聖堂を見学。

聖ヨハネ大聖堂

中がとても豪華!

 

あとはおみやげ物屋さんなどをブラブラしながらバス停へ行き、

バスでセントジュリアンに戻りました。

 

世界遺産の街バレッタ:まとめ

マルタのバレッタ

とにかくどこを歩いても絵になる街でした。

セントジュリアンなども素敵な街並みなのですが、近代的な要素もけっこうあるため、

バレッタは本当に別世界(昔の世界)に入ったような感じでした。

 

バレッタのアパートメントに泊まるとかも楽しそうですね!

まだまだ魅力のつまったマルタ、旅の出だしは上場です。

 

\その他マルタの魅力を知る現地ツアーはこちらから/

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by TRAVELNOTE ✏︎手書きガイドブック (@travelnote20)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-マルタ

© 2021 銀のNOTEBOOK