マルタ

【マルタ】サイレントシティ古都イムディーナを散歩。足音が路地に響く

2020年11月15日

サイレントシティ イムディーナ

突然ですが、

旅行したい!と思った時、まず何で調べますか?

 

もちろん最初はスマホで調べることが多いと思います。

最近は「ググる」のはもちろん、「タグる」というそうです。

まず、インスタで #マルタ と調べてみてください。

パッと目を引く写真があると思います。

その場所はマルタの古都【イムディーナ】にあります。

 

マルタの基本情報はこちらから

 

イムディーナ(Mdina)とは

イムディーナ

マルタ共和国の中央部にあり、かつては首都だった町。(現在の首都はバレッタ)

MdinaともMedinaとも表記されますが、正式名はL-Imdinaです。

 

イムディーナをまとめると

  • 異名は「静寂の町(サイレントシティ)」
  • マルタの前首都
  • 壁に囲まれた城塞都市
  • 住民は300人以下

自動車の乗り入れは基本的に禁止なので本当に静か

観光客もたくさんいるはずなのに、だーれもいない通りがたくさんあります。

石畳の道、統一感のある石造りの建物、中世ヨーロッパの雰囲気がそのまま残っています。

昔は貴族も住んでいたようです。

 

イムディーナはどこにあるの?

イムディーナの場所

セントジュリアンやスリーマから

車で約20分

バスで約50分

 

バレッタから

車で20~30分

バスで約30分

 

セントジュリアン・スリーマ → イムディーナ

バレッタ → イムディーナ

距離はあまり変わりませんが、バレッタからのバスの方がルートは良さそうです

 

イムディーナの見所

イムディーナへの入り口 Main Gate

外から見ると本当に壁だけ。

この中にこんなに素敵な町が隠れているとは。

私は城塞都市が異様に好き。スリランカのゴールや、クロアチアのドゥブロブニク、ドイツのローテンブルクなど色々行きました。

 

聖パウロ聖堂 The Cathedral

町の中の目印になる中心的な建物です。

マルタで最初にできた聖堂ということで、威厳もたっぷり。

 

バスティオン広場 Bastion Square

イムディーナから外の景色を見ることができます。

カフェなどもあるのでここで一休み。

 

聖アガタのカタコンベ St Agatha's Catacombs
聖パウロのカタコンベ St Paul’s Catacombs

カタコンベ=地下墓地

私達は訪れませんでしたが、地下も見学できるそうでうす。

 

インスタでよく見る映えスポット

 

静寂の街を実際に歩いてみた

行きはBOLT(配車サービス)を使って、イムディーナに到着。

まずメインゲート入ったらこんな感じです。

入ったすぐに

「お~」

と言ってしまいました。

サイレントシティの名前どおり、声も建物に反響して響くくらい静か。

馬が歩く音が響くのもいい。

とりあえず適当にブラブラ散歩。

クリーム色の建物が並びますが、ここも窓やドアがカラフルでかわいい。

こちらが聖パウロ聖堂。

たしかに立派です。

この前は少し広くなっていました。

引き続きブラブラ。

どの路地も静かで自分達の足音がコツコツと響きます

途中でウェディングフォトを撮影している日本人カップルに出会いました。

 

ここはいい写真が撮れること間違いないですね。

そして、映えるスポットはこちら

インスタで #Mdina で必ず出てくる場所。

ほんとに映えるってこういうことを言うんだろうな。

 

他にも歩いては立ち止まり、歩いては立ち止まり、という感じでした。

ここもステキ。

みどころいっぱい。

さすがに疲れたので、カフェで休憩。

2階席からイムディーナの外を眺めながらゆっくりできました。

帰りはバレッタに寄りたかったのでイムディーナ → バレッタのバスで。

 

イムディーナ:感想&まとめ

「マルタ旅行」を調べる時に、フォトジェニックなスポットとして必ず出てくるのがこの町。

マルタはどこもかしこも映え方が違うのがおもしろい

小さい国なので、半日あればイムディーナを楽しむことができます。

ぜひ、行程に入れてみてください!

 

あわせて読みたい

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-マルタ

© 2021 銀のNOTEBOOK