マルタ

【マルタ】ブルーグロット(青の洞門)は海が青にキラキラ光る

2020年11月17日

ブルーグロット

イタリアのカプリ島の「青の洞窟」が有名ですが、マルタには「青の洞門」があります。

青く光る海を見にいきませんか?

実際に行ってみて、とても感動したのでまとめました。

 

マルタの基本情報はこちらから

 

ブルーグロットはどんなとこ? Blue Grotto

ブルーグロット マルタ

青の洞門=Blue Grotto

自然に削られた洞窟やアーチの中にボートで入っていきます。(ボートツアー)

洞窟はかなり天井も高いので閉ざされた場所に入っていく感じではありません

私はイタリアの青の洞窟に行った事がないので比べることはできませんが、行って損はないことは断言できます。

光が反射してまるで海自体がキラキラ光っているようで本当にきれい!

 

ブルーグロットの行き方

ブルーグロットの場所

マルタ本島の南にあります。

多くの観光客が拠点とするセントジュリアンやスリーマ、また首都のバレッタとは島の反対側です。

 

セントジュリアン・スリーマから

バスで1時間ちょっと(乗り換えあり)

車で約25分(17km)

 

バレッタから

バスで約40分(乗り換えなし)

車で約22分(15km)

 

反対側といってもマルタはとても小さい島なのでそんなに離れていませんね。

ただバスは時間通りこないことも多いため、乗り換えで大幅に時間をとってしまう可能性もあるので注意。

 

実際にブルーグロットに行ってみた

青の洞門

私達はセントジュリアンのホテルに泊まっていましたが、ホテルでタクシーを呼んでもらいました。

(弾丸旅行のため、時間がない)

マルタの共通語は英語ですが、かなりアクセントが私達の知ってるものと違います。

イタリア語っぽい感じで、「ブルーグロォォットゥ」みたいな発音でした。(多分マルタ語がイタリア語にかなり近い)

30分くらいで到着。

 

ココがポイント

午前中のほうが太陽の傾きの関係できれいに見えるらしい!

 

周りは少しお店(レストランなど)もあったので、はやめに来て朝ごはんを食べるのもよさそう。

ブルーグロット マルタ

これはレストランじゃないけど…

到着した時にはすでにボートツアーは始まっていたので、チケットを購入します。

現地のチケットブースですぐに買えました!

ブルーグロット チケット

小さなチケットブース

7月のハイシーズンに訪れたので列ができていて、少し待ち。

人が少ない場合は、ボートにのれる人数が集まってからツアーが出発するそうです。(8人)

ブルーグロット

列が。ただそんなに待ちませんでした。

列に並びながら色々眺めていると、ボートがどんどん出ているにも関わらず

みんな水遊び。

自由。笑

 

さて、自分達の番がきました。

ライフジャケットを着て、この入り江から出発。

ブルーグロット

アーチが見えてきました。

青の洞門

思ったより大きい。

ガイドさんの説明を聞きながらどんどん近づいていきます。

近づくと、もうこの色!

ブルーグロット

本当に青い。

中に入っていくと、暗いのに海がキラキラと光っています

ブルーグロット

青光りしている

宝石かゼリーみたい。

ちょっと緑がかったところもいい。

青の洞門 ボートツアー

いくつかアーチになったところや洞窟を訪れ、ぐるっとまわって戻ります。

割と激しい。

ブルーグロット

濡れる可能性も!

イタリアの青の洞窟とは違い、上はけっこう高いので閉鎖的な感じはありません。

青の洞門 マルタ

 

船酔いすることもなく、入り江に戻ってきて終了。

約20分間のツアーでした。

本当に行ってよかった!

初地中海は最高にきれいな青でした。

 

ブルーグロットの情報まとめ

青の洞門

広い海を眺めるスポットもあります

営業時間

サマータイム 9:00am - 5:00pm

ウィンタータイム 9:00am - 3:30pm

※2020年11月現在は時間の記載がありませんでしたので過去の情報より

 

チケット

大人:8ユーロ

子供:4ユーロ

チケットが案外安い!

注意 悪天候や海が荒れている時などはツアーが中止になります

少し行きづらい場所にあるので、現地ツアーでまわってしまうのもひとつ。

ブルーグロットから約10kmの距離のところにある、漁村マルサシュロックを合わせたツアーが人気のようです。

 

ブルーグロット×マルサシュロックの半日ツアー

 

フォトジェニックな漁村、マルサシュロックについてはこちら

(準備中)

 

ブルーグロット:感想&まとめ

青の洞門

最初から行くと決めていた場所。

たった20分のツアーではありますが、行く価値大アリです。

宝石みたいにキラキラの海には感動しました。

マルタは小さい国(東京23区の半分)ですが、魅力がいっぱい。

小さいがゆえにどこでも行けてしまうのでマルタ旅行は忙しかった。笑

ただ、

「ここは別に旅程に入れなくてよかったな」

と思うところは一ヶ所もありませんでした

 

あわせて読みたい

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-マルタ

© 2021 銀のNOTEBOOK