英語

【英会話】会話をスムーズにつなげる魔法の英語フレーズ50ー初級編

 

英語も勉強しているし、さあ実践!となっても…

Hi, I am Miki. Nice to meet you!

Hi Miki. Nice to meet you,too. What do you do?

I work for a trading company. And you?

I work at a car company.

Oh,really? okay...(しーん)

What do you do? (お仕事は何されてるの?)

マイナさん
いい感じで会話を始めたのはいいけど、続かない…
マイナさん
”Yes" ”Okay" ”Really?"しかあいづちのパターンがない…

英会話を始めた人はこういった場面に遭遇しますよね。

私も実際経験があります。正直、悔しかった思い出がたくさん。英語で話すときは何も話さないでいるとまるで「存在しないもの」あつかい

そんな時に使える魔法の英語フレーズをまとめてみました。

コツをつかめばかなり「ぽく」なります!

日本語に直訳しづらい表現がたくさんあるので、日本語訳はニュアンスでつけてます。

 

つなぎことば

「ええと…」「そうそう…」「実は…」など文の前につけたりして会話を自然につなぎます。
★のフレーズは表の下に例文あり

★You know.. (表の下の説明参照)
★I mean 補足したり、訂正するときによく使われる
Well... ええと…
Look, ほら、ねぇ、
So だから、そして
Then じゃあ、それから
I guess 思うに
Actually 実は
by the way ところで
Let me think.. ええと…
★Speaking of ... ~と言えば

 

you knowを使った会話例

  • You know, you should go now.  
    ねぇ、もう行った方がいいんじゃない。
  • You know, the restaurant near the station...
    ほら、駅の近くのレストラン…
  • I just thought he was nice, you know?
    彼素敵だと思っただけなんだけどなぁ。

"you know"はかなり色々なニュアンスで使われるので、あまり日本語にあてはめて考えるのは×

色んな会話を聞いてみて感覚をつかみましょう!

実際、海外ドラマフレンズでも約20分しかない1話に少なくとも10回くらいは出てきます。

I meanを使った会話例

  • I can’t go to the party. I mean, I will be out of town that day.
    パーティーにはいけないんだ、その日ここにいなくて。
  • We are having a meeting on Monday. I mean, on Tuesday.
    月曜は会議だよ。あ、違う、火曜ね。

 

speaking ofを使った会話例

Speaking of rugby, did you watch the game yesterday? 
ラグビーといえば、昨日の試合見た?

使いすぎ注意!

You know, I wanna go out with...you know Sara. I mean, I just asked her out for dinner..you know, the restaurant we went last month? It was nice restaurant for date, you know? ...When? Oh, it would be next Monday. I mean, Tuesday, you know?

いやぁ、ほら、サラと付き合いたいんだよね…まあディナーに誘ったんだけどね、ほら、先月行ったレストラン。あそこデートによさそうじゃない?え、いつ?次の月曜日。あ、ちがう、火曜日かな。だよね?

いかがですか?わざと多めに使ってみましたが、多用すると会話がもったりするのとあまりにもボキャブラリーがないように聞こえてしまいます。

あまり不自然にならないようにしましょう。

 

同意する英語フレーズ

相手の言葉に同調して、気持ちよく会話を進めましょう。

Right. そうですね
That's true. 確かに
Exactly. その通り
Absolutely. その通り
I think so too. 私もそう思う

 

absolutelyの使い方

A: Are you going to their wedding party? 彼らの結婚パーティー行くの?

B: Absolutely! もちろん!

このように、強めのYESの意味でも使えます!強めのNOはabsolutely notです。

 

反対する英語フレーズ

違う意見がある場合もありますね。その場合はきちんと自分の考えを伝えましょう。会話が盛り上がるかも!

But I think ... いや、でも私が思うに…
I don't think so. そうは思わないな
★I know what you mean but わかるけど、でも…

 

I know what you mean butの会話例

A: Too busy! I wanna quit this job now...忙しすぎる!もう辞めたい…

B: I know what you mean but it is hard to get a new job. わかるけど、仕事探し大変だよ

A: Yeah, right... うん、だよね…

わかるけど、こうだよね?という風に共感してからだと強い表現にはなりませんね。

 

不確かなときに使うフレーズ

はっきりわからないこともあるのでその時に使えるフレーズです。ただ、多用しないこと!

Probably. 多分
Maybe. 多分
Perhaps. 多分
Possibly. 多分
I guess so. そうだと思うけど
★Kind of. みたいね、まあね

 

<確信度、可能性>

  • Probably. 80~90%
  • Maybe. 50%以下
  • Perhaps. 50%以下
  • Possibly. 10~20%

 

Are you coming to my party tomorrow? 明日私のパーティーに来てくれる?

さて、なんと答えますか。
選ぶ「多分」によってかなりニュアンスが変わってきます

日本人はmaybeを使いすぎるので注意!

 

kind ofの使い方

Do you like this singer? この歌手好き?

Yeah, kind of. うん、まあ。

kind of はもちろん他にも色々な使い方があります!

 

話を広げる英語フレーズ

余裕が出てきたら、話をどんどん広げてみましょう!

初めましての時に使えるフレーズ

Which part of US? アメリカのどこ?
What brought you to Japan? 日本に来た理由は?
Is it first time? 初めて?
How's your life here? ここでの生活はどう?

日本に来た外国の人と英語で話すときに使えるフレーズです。

特に観光で来ている場合は、少なくとも日本に興味のある人なので色々聞いてみましょう。

Why did you come to Japan?という表現は、「なんで来たの?」というちょっときつめの言い方になるので、What brought you to Japan?を使いましょう。

 

もっと仲良くなりたいときに使えるフレーズ

What do you do in your free time? お休みは何するの?
What is your favorite ○○? (food/sport/place) 好きな○○は何?

What is your hobby?という表現はあまり使いません。hobbyは割とスキルを伴うものに使います。(例:スポーツ、芸術など)

日本人が思う「趣味」を聞くのであれば、時間があるときは何しているの?でOK

 

もっと掘り下げて聞いてみよう

And then? それでそれで?
What happened next? 次どうなったの?
How about... …はどう?
What do you think? どう思う?

興味が沸いたらどんどん聞いてみましょう。

 

その他のフレーズ

他にも色んなパターンがあります。実際に使ってみるのが近道です。

I see. なるほど
★Make sense. なるほど
★It doesn't make sense. 意味がわからない
No way. まさか
I got it. わかるよ、了解

 

make senseの会話例

A: Why does she look so happy? 彼女、なんであんな幸せそうなの?

B: Tom asked her out for dinner. トムがディナーに誘ったんだよ。

A: Oh, that makes sense. あー納得。

 

doesn't make senseの会話例

A: I heard Tom bought a car even he doesn't have a license. トムは免許ないのに車買ったんだって。

B: It doesn't make sense. 意味わからん。

 

Amazing! いいね
Awesome! いいね
Sounds good! いいね
Cool! いいね

Nice!以外の表現がたくさんありますのでバリエーションを増やしていきましょう。

 

I'm sorry. それは大変ですね。(気の毒です、残念です)

I'm sorryを使った会話分

A: I broke my leg yesterday. 昨日足を骨折しました。

B: I’m sorry to hear that. お気の毒に。

I'm sorryは「ごめんなさい」だけではありません。

 

Really? 本当に?
Seriously? まじで?
Are you kidding? うそでしょ?

こちらもreally?を使いがちですが、他にも表現がたくさんあります。

特にseriously?はネイティブスピーカーがよく使うカジュアルな表現です。

 

Sure. いいですよ、もちろん

 

さて…

銀:So, are you ready for using these phrases? (今日覚えた)フレーズを使う準備はできたかな?

あなた:Sure!

 

これで英会話の準備は万端ですね!

いかがでしたか?

こういったフレーズを使うことによって会話のテンポができるので、難しい文章を話せなかったとしてもかなりスムーズな会話が展開できるようになります。

また、実際にどのように使われているかを聞いてみるのが一番はやい!まずyou tubeやドラマなどを見るのが近道です。

\こちらの記事もぜひ/

【英語】超有名ドラマ、フレンズで英語を楽しく学ぶコツ

続きを見る

どのフレーズも短いものなので、是非実践で使ってみてください!

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-英語

© 2021 銀のNOTEBOOK