英語

【旅行英語】機内アナウンスを聞き取って旅行の幕開けをスマートに

2020年7月27日

旅行の序盤にドキドキする機内。日本発着の場合は日本人の乗務員さんもいるし、日本語のアナウンスもあるのであまり困ることはありませんが、海外で乗り換えをする時は英語と現地の言葉でしかアナウンスがないのでちょっと不安。

これだけでもおさえておこう!というものをまとめてみました。

これだけは知っておきたい単語

  • departure 出発
  • arrival 到着
  • cabin attendant(crew) 客室乗務員
  • chief purser チーフパーサー(乗務員の責任者)
  • overhead bin 頭上の物入れ
  • aisle 通路
  • row 座席の横列
  • turbulence 乱気流
  • seat belt sign シートベルトサイン
  • refrain from ~を控えて
  • restroom/lavatory お手洗い、お化粧室
  • local time 現地時間
  • duty-free 免税

 

聞き取りたい機内アナウンス

We are now ready for departure.
当機はまもなく出発いたします。

We are now ready for takeoff.
当機はまもなく離陸いたします。

Please make sure that your seat belt is securely fastened.
今一度お締めのシードベルトをご確認下さい。

You may now use electronic devices.
ただいまより電子機器をご使用いただけます。

 

We are having some turbulence.
当機は現在、気流の悪いところを通過しております。

Please fasten your seat belt and refrain from using the restroom.
シートベルトをしっかりお締め下さい、また化粧室の使用はお控え下さい。

We will be landing at Narita Airport in about 30 minutes.
当機はおよそ30分ほどで成田空港に到着いたします。

All seat backs and tray tables must be in their upright position.
背もたれとテーブルを元の位置にお戻し下さい。

For your safety, please remain seated until the seat belt sign turned off.
安全のため、シートベルト着用サインが消えるまで、お席を立たずにお待ち下さい。

You may now turn on your electronic devices.
ただいまよりすべての電子機器をご利用いただけます。

Thank you for flying with us. We look forward to serving you again!
ご搭乗ありがとうございました、またのご搭乗お待ちしております!

まとめ

特に、「シードベルトつけてね」や、「今から電子機器使用しないでね」などの指示系のアナウンスは聞き取れたほうがよいと思います。

全体にアナウンスした後、乗務員さんがひとりひとりチェックしていきますので、その時に注意されるとドキッとするかもしれません。


日系の乗務員さんの場合は見たことありませんが、海外の航空会社の乗務員さんの注意は時には日本人にとってきつく感じられる時があります。(まあ、多分本人は強く言っているつもりはないので、気にする必要は全くありませんが)

また、日本発着の便に搭乗するときは日本語でのアナウンスがあるので、英語学習者にとっては絶好のリスニング練習になります。

英語で聞いた後に日本語ですぐに答え合わせができるので是非両方聞いてみてください!

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-英語
-

© 2021 銀のNOTEBOOK