インドネシア

【ギリ島】ヴィラ?バンガロー?非日常を味わえる宿10選-レビューあり

2020年12月12日

 

ギリ島 宿

今回の記事ではギリトラワンガン島(ギリT)の宿についてご紹介します。

ギリTは一周6kmの小さな島ですが、魅力的な宿がたくさんあります。

私たちは1回目のギリ島旅行は宿の事前予約をせずに行きました。(良いところがありすぎて決められなかった・・・笑)

泊まるところを実際に目で見て決めたかったので、自転車でまわることにしました。

 

この記事では実際に泊まった宿と気になる宿をまとめましたので参考にしていただければ幸いです。

 

ギリ島のほかの記事についてはこちらから

 

ギリ島ではどんなタイプの宿に泊まる?

ピンクココ

ピンクココ

予約サイトで検索すると100件以上の宿が出てきました!

種類はこんな感じに分類されます。

  • ヴィラタイプ
  • バンガロータイプ
  • 個室タイプ
  • ゲストハウス

ギリ島にはビルタイプのホテルはありません。

個人的には、せっかくギリ島まで来たのであれば少し贅沢してプール付きのヴィラやバンガロー1棟借りるなどすることを圧倒的におすすめします。

 

他に贅沢するところはあまりないので、ゆっくりくつろげる宿を選びましょう。

 

1棟借りるといっても、実は1万円あればかなり良いところに泊まれます!

 

ギリ島で宿を選ぶポイント

ギリ島

ドローン撮影

ギリ島で宿を選ぶポイントをまとめました!

せっかくなので、失敗はしたくない宿選び。参考にしてみてください。

  • ビーチまで近いかどうか
  • 大きいプールがあるかどうか
  • お湯が出るかどうか
  • 夜うるさくないか

 

ビーチまで近いかどうか

ほとんどが海沿いにあるのと、内側だったとしても島自体が小さいのですぐにビーチにはいけます。

ただ、大きな宿はビーチにプライベートエリアを持っているので、ゆっくりビーチチェアなどを使いたい場合はいいかもしれません。

 

大きいプールがあるかどうか

ヴィラにプライベートプールがあるのももちろんいいですが、それに加えて施設が大きいプールを持っているとさらに良いです。

開放感があるし、宿によってはプールバーもついているのでプールでごはんを食べたりお酒を飲んだり、非日常が楽しめます。

 

お湯が出るかどうか

ネットで「水しか出ないところがある」と書かれていたので警戒しました。ただ、5つくらいの宿に聞いてみたところ「問題なくお湯が出る」とのことでした。

それなりにしっかりしたところであれば大丈夫そうですが、心配であれば事前に宿に確認してください。

 

夜うるさくないか

宿によっては毎夜プールパーティーをしているところがあったり、中心のあたりはクラブがあったりで夜も賑やかです。

夜ゆっくりしたい人は少し離れたところを選びましょう。(ほんとにすこーしでも離れれば静かです)

逆に、夜までパーティーしたい人はそういう場所をえらびましょう。笑

では実際に泊まった宿の紹介とレビューです。

 

Pearl of Trawangan パールオブトラワンガン

パールオブトラワンガン

 

パールオブトラワンガン

約6000円~

1度目にギリ島を訪れた時(2018年)に宿泊した宿です。

Hotels.comでも評価が8.6ととても高いです。

かなり新しく、施設もとてもきれい。また部屋の種類もたくさんあるのでご自身に合った部屋が必ず見つかります。

 

施設 Facilities

敷地は奥に広く、建物と建物の間も十分な距離があります。

中心から徒歩で近いですが、奥まっているので部屋はとても静かです。

 

ロビー(フロント)

パールオブトラワンガン

いわゆるホテルのフロントのイメージとは全く異なり、ほぼ外!な空間。

これは東南アジアに来た醍醐味という感じでとても気に入りました。

スタッフの方達もみんなニコニコしていて「ここの宿はこの島でNo.2になったんだよ~」とうれしそうに教えてくれました。(1番ではないらしい)

 

共用プール

パールオブトラワンガン

こちらもここに決めた理由のひとつ。

広いプールにはプールバーもついています。

欧米の人も多く、一日中ここで本を読んだりお酒を飲んだりウトウトしたりしていました。

彼らは「なにもしない贅沢」が上手だなぁといつも思います。

 

プライベートビーチ

パールオブトラワンガン

道を渡ったすぐ前がビーチです。

このエリアは宿が所有している場所なので、宿泊者しかこのビーチチェアは使用できません。

ギリ島は海水浴場と聞いてイメージするような人の混みあいはなく、どこものんびりしています。

 

朝ごはん

パールオブトラワンガン

ビュッフェ形式ではなく、メニューから好きなものを選びます。

ひとりひとり作ってくれるのがうれしい。

洋食、ローカル(インドネシア料理)、スペイン風など色々選択肢もあったので連泊しても飽きません。

 

SPA

私達が訪れた時はまだできていませんでしたが、その後OPENしました。

かなり新しいので清潔です。

 

部屋 Rooms

リーズナブルな2人部屋から、一軒家のようなコテージまで用途に合わせた様々な種類の部屋があります。

 

Superior Room スーペリアルーム

パールオブトラワンガン

こちらは私達が実際に泊まったお部屋です。(この時は夫と2人旅でした)

1棟貸切ではありませんが、しっかり仕切りがあって長屋のような感じです。

部屋も広く、竹のデザインもおしゃれでした。

バスルームもなかなかの開放感です。

 

チークコテージ 

パールオブトラワンガン

トロピカルガーデンの中にあるコテージ。

テラスもついてて静かにゆっくり過ごせそうです。これが1万円以下で借りれるなんて・・・

訪れた時にはおそらくこのコテージはなかったので、かなり新しいのではないかと。

 

Lumbung スイートルーム

パールオブトラワンガン

目の前にプールがあります。

部屋自体もかなり広く、バスタブもついています。

 

ルンブン ビーチ コテージ

パールオブトラワンガン

一番ビーチ側にあるコテージです。

この三角の屋根と天井がとってもかわいい。

この専用バルコニーで夜はゆっくりお酒を片手に人間観察するのも楽しそう。

 

オーシャンビューダブルルーム

パールオブトラワンガン

こちらは道沿いにあるお部屋です。

1階はアイスクリーム屋さんやアパレルショップになっていました。

朝起きてすぐに部屋からキレイな海を見れるのがこの部屋の特権!

 

パールプールヴィラ

パールオブトラワンガン

1棟貸切の完全プライベート空間です。

1ベッドルームのヴィラはハネムーンやカップル、ご夫婦にぴったりのお部屋。

また2ベッドルームのヴィラは4人で一緒に泊まれるのでご家族や友人グループ向けですね。

簡易キッチンもついているので、まるで南国の別荘に来ているような感覚が味わえます。

 

どの部屋もそれぞれ良さが違うので、旅行目的やグループ構成によって一番良いものを選んでください。

最も高いところでもUS300ドル程度だったので、宿泊者で割ればかなりリーズナブルです!

 

パールオブトラワンガンの部屋を検索する

 

Vila Ombak ヴィラオンバク

ギリ島 ビーチ

 

ヴィラ オンバク

約6000円~

2度目にギリ島を訪れた時(2019年)に宿泊しました。

今回は大人数のグループでした。(夫と私、母、親戚他4名の計7名)

海外旅行が初めてだったり慣れていない人ばかりだったので思いっきりびっくりさせてあげようと思いここにしました!

結果からいうと、みんな大満足。

 

施設 Facilities

この施設の敷地は非常に広いです。

ビリヤード台があったり、チェスが置いてあったり・・・施設内だけでも十分に散歩が楽しめます。

 

フロント(ロビー)

ヴィラ オンバク

かなり立派なフロントで、ツアーデスクもありました。

シュノーケルの貸し出しなどもここでしてくれるので便利。

 

共用プール

ヴィラ オンバク

大きなプールがふたつあります。

ひとつは施設の奥にあり、かなり静かに過ごすことができます。

道側のプールにはプールバーもあります。

 

プライベートビーチ

ヴィラ オンバク

パールオブトラワンガンと同様、プライベートビーチがありビーチチェアが利用可能です。

ホテルの看板?のところがフォトスポットです。

 

朝ごはん

ヴィラ オンバク

こちらはビュッフェ。

選べるものも多かったので、好き嫌いがあっても心配はなさそうです。

 

SPA

ヴィラ オンバク

こちらも施設内にSPAがあります。

激安マッサージもいいですが、やはり贅沢エステを受けたいという方も多いと思います。

日本に比べるとかなり安い!

母たちもかなり満足げでした。

 

部屋 Rooms

リーズナブルな部屋から特別なヴィラまで。

2ベッドルームのプライベートプールつきヴィラに宿泊しましたが、人数で割ればひとり8000円くらいでした!

 

ヴィラ

ギリ島のホテル

私達が実際に宿泊したところです。

2ベッドルームヴィラを2部屋隣同士で借りました。

プライベートプールも、ソファも、部屋自体も清潔で快適。

さらにヴィラ内に自転車が用意されており、自由に使うことができました。

夜はコンビニでお酒を買ってきて、日本から持ってきたおつまみと共に外のリビングでプチ宴会をしました!

 

スーペリアラムバン テラス

ヴィラ オンバク

 

この施設の中で最もリーズナブルな部屋です。

料金は抑えたい、でも施設を十分に使いたい!とう方にぴったりです。

部屋も十分で専用バルコニーもあります。

 

Lumbung Hut ダブルルーム

ヴィラ オンバク

バルコニータイプです。

この部屋は外にリビングがあるような感じです。

個人的にはこの壁のないリビングがとてもいいなと思い、1回目に泊まりたかったのですが埋まっていて泊まれませんでした。 またリベンジしたいです。

ちなみにシャワーも屋外です。おもしろい!

 

デラックス テラスルーム/オンバックルーム

ヴィラ オンバク

大きな一軒家の1室という感じです。

Hidden プール&バーがすぐ近くにあり、完全プライベートではありませんが特別エリア感がありました。

 

デラックスファミリーバンガロー

ヴィラ オンバク

こちらもHidden プール&バーの近くにあります。

 

ヴィラ オンバクの部屋を検索する

 

その他、ギリ島で気になる宿

ギリ島 宿

ネットで探しても探しても、良さそうなところばかりで決められなかったくらい、ギリ島には本当に色々なタイプの宿泊施設があります。

実際に部屋だけ見せてもらったところや、外から見て気になったところもまとめてみました。

評価は口コミや公式サイトなどを参考にしています。

 

ピンクココ(PinkCoco Gili Trawangan)

ピンクココの部屋を検索する

  • 約6000円~
  • とにかく見た目がかわいい
  • 大きい共用プールあり
  • 1棟貸切の部屋はなし

予約サイトでも高評価のこちらの宿は、名前通りどこもかしこもピンク!

フォトジェニックな宿といえば間違いなくここです。

ピンクココの部屋を検索する

 

ポンドック サンティ エステート(Pondok Santi Estate)

ポンドック サンティ エステートの部屋を検索する

  • 約20000円~
  • 庭が美しい広い敷地
  • プライベートプール付きバンガローあり
  • 共用プールあり

ポンドック サンティ エステートの部屋を検索する

 

ギリ エコ ヴィラズ(Gili Eco Villas)

ギリエコヴィラズの部屋を検索する

  • 約8000円~
  • 広々とした敷地
  • 大きいプールあり
  • リーズナブルなバンガロー貸し出し
  • プライベートプールなし

ギリエコヴィラズの部屋を検索する

 

ザ ホワイトキー ラグジュアリー ヴィラズ(The White Key Luxury Villas)

ザ ホワイトキー ラグジュアリー ヴィラズの部屋を検索する

  • 約22000~
  • 特徴のある形のプール付きヴィラ
  • 共用プールなし
  • カップルに最適

ザ ホワイトキー ラグジュアリー ヴィラズの部屋を検索する

 

マジョ プライベート ヴィラズ(Majo Private Villas)

マジョ プライベート ヴィラズの部屋を検索する

  • 約23000円~
  • 南国感たっぷりのトロピカルなヴィラ
  • ヴィラのみ
  • 大きいプールなし

マジョ プライベート ヴィラズの部屋を検索する

 

ポンテ ヴィラズ(Ponte Villas)

ポンテ ヴィラズの部屋を検索する

  • 約10000円~
  • シンプル&モダンな建物
  • 共用の大きいプールあり
  • プライベートプール付きヴィラあり

ポンテ ヴィラズの部屋を検索する

 

クノ ヴィラズ(Kuno Villas)

クノ ヴィラズの部屋を検索する

  • 約20000円~
  • あたたかい木がふんだんに使われた部屋
  • プライベートプール付きのヴィラあり
  • 大人数(6人)OKのヴィラあり

クノ ヴィラズの部屋を検索する

 

ル ピラート ビーチクラブ(Le Pirate Beach Club)

2020年12月現在、ネットで調べても出てきませんでした・・・

通りかかった時にとにかく外観がかわいかったので気になります。

 

まとめ:ギリ島では非日常を楽しもう

ギリ島

いかがでしたか?

宿泊サイトで「ギリトラワンガン」と調べてみると気になるヴィラやコテージがたくさん出てくると思います!

ゆっくりしたい?いっぱい遊びたい?キレイな景色が見たい?

自分が一番ギリ島で何をしたいかを考えて、後悔のない宿選びを。

 

合わせて読みたい

 

インスタグラムもやってます

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-インドネシア

© 2021 銀のNOTEBOOK