クロアチア

【クロアチア】スルジ山からドブロブニクの絶景を見渡すーケーブルカーでの行き方

2021年1月14日

魔女の宅急便のモデルになったとも言われるドブロブニク。

せっかくなのでキキの目線で?上から見てみたい!ということで

ドブロブニク旧市街を見渡せるスルジ山に行ってみました。

 

ドブロブニクとは

ドブロブニクはアドリア海にある要塞都市。

周りはぐるっと高い壁に囲まれていますが、中に入るととってもかわいい街並みです。

魔女の宅急便のモデルになったと言われていますね。

 

  • 青い海
  • オレンジ色の屋根
  • クリーム色の壁

 

この色のコントラストがとても綺麗です。

アドリア海の真珠」と呼ばれているのがよくわかります。

 

スルジ山とは Srđ mountain

ドブロブニクの旧市街をすべて見渡せる絶景ポイント。

標高は約412メートルです。

天気がよければ綺麗な青いアドリア海がずっと奥まで見えますし、

夕焼け時や夜景もまた違う絶景が楽しめます。

場所はここ。

こちらから見渡す感じになります。

 

スルジ山への行き方

ドブロブニク旧市街からスルジ山に行く方法は3つ。

  • ケーブルカー
  • 車(タクシー)
  • 徒歩

それぞれ注意点などを以下にまとめました!

 

ケーブルカーを利用する

観光客はケーブルカーを利用する人が多いです。

ケーブルカー乗り場

ピレ門から徒歩10~15分

 

チケット料金

  • 往復:100クーナ(大人)、50クーナ(4-12歳)
  • 片道:60クーナ(大人)、30クーナ(4-12歳)

※2021年1月現在(公式のHPで確認しましたが、他のブログなどではもう少し高かったので一時的な料金の可能性があります)

 

営業時間

シーズンによって営業時間が異なるので注意。

  • 1月:10:00 - 16:00
  • 2月:closed
  • 3月:10:00 - 17:00
  • 4月:09:00 - 20:00
  • 5月:09:00 - 21:00
  • 6月:09:00 - 22:00
  • 7月:09:00 - 23:00
  • 8月:09:00 - 23:00
  • 9月:09:00 - 21:00
  • 10月:10:00 - 17:00
  • 11月:10:00 - 17:00
  • 12月:10:00 - 16:00

 

念のため、こちらでご確認下さい

 

山頂までの乗車時間は3-4分です。

1機に30人くらい乗れる大きめのケーブルカーです。

 

タクシーを利用する

時間を気にせず、またケーブルカーの長い列に並ぶ必要がないのでお手軽です。

ケーブルカーの営業時間外や運休期間はタクシーで。

ただ、スルジ山でタクシーをつかまえるのは難しいので最初から往復で交渉しましょう。

 

徒歩で登る場合

山道があるので、時間がある人は歩いて登ってみましょう。

ただ、舗装されていない坂道なのでスニーカーで。

 

時間目安

  • 登り 1時間半~2時間
  • 下り 1時間~1時間半

 

実際にケーブルカーでスルジ山に行ってみた

私たちはチケットをピレ門から乗り場までの途中の案内所で当日購入しました。

2軒覗いてみましたが、値段は同じでした。

ケーブルカー乗り場に着きましたが、長い列が。

(8月に訪れました)

暑い中待ちます。

注意 本当に日差しが強いので、熱中症&日焼け対策を忘れずに。

ケーブルカー乗り場 Google Mapより

ケーブルカーに乗るとあっという間に到着。

ただ景色がとっても綺麗です。

私たちは明るいうちと夜景とどちらも見たかったので、夕方に上りました。

さて、山頂からの景色はこんな感じ。

まさに魔女の宅急便の世界?

ただ実際はこんな感じです。笑

危ないよ~。

まだ陽は落ちないので、レストランで食事をしながら待つことに。

 

The Panorama

名前の通り、崖側の席だと絶景を見渡しながら食事ができます。

私たちは内側でしたが、それでも雰囲気はとってもよかったです。

左側のパラソルのところです。

陽が完全に落ちたので夜景も。

ドブロブニク旧市街は夜も賑やかなので、上からみてもキラキラしていました。

戻るとこんな感じで夜もみんな飲んで食べて楽しそうでした。

 

まとめ:キキとジジがいたかもしれない

ドブロブニクを訪れたら、スルジ山は必須です!

上から見渡すオレンジの屋根のおもちゃみたいな街と広い青いアドリア海のコントラストを楽しんでください。

 

\合わせて読みたい/

 

\インスタグラムもやってます/

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by とらべるのーと✏︎手書きガイドブック (@travelnote20)

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-クロアチア

© 2021 銀のNOTEBOOK