オーストラリア

【ハミルトン島】暮らすように泊まるーホテル滞在レビュー(Whitsunday Apartments)

グレートバリアリーフ

旅行の計画で大事なポイントのひとつが、宿選び

街に見るところがたくさんあり、とにかくホテルには寝るだけに戻る!という旅行もありますが、ハミルトン島ではホテル自体を思いっきり楽しむのはいかがでしょうか。

私達が宿泊したホテル(アパートメント)がとっても良かったので、情報をまとめました!

 

ハミルトン島とは Hamilton Island

ハミルトン島 場所

オーストラリアのグレートバリアリーフのど真ん中にあるリゾートアイランド。

世界自然遺産にも登録されています。

74の島々からなるウィットサンデー諸島の中で、唯一ジェット機が乗り入れ可能。一番アクセスの良いことが人気の理由のひとつです。

豪華なリゾートホテルや、60を超える豊富なアクティビティーなどがありここに滞在するだけでしっかり楽しめます。

ハミルトン島の基本情報>>

 

Whitsunday Apartments ウィットサンデーアパートメンツ

ウィットサンデーアパートメント

Whitsunday Apartments Hamilton Island

ハミルトン島のリゾートホテルが集まる、リゾートエリアにあります。

レストランやカフェ、スーパーがあるハーバーまでも歩いていけるので便利です。

 

部屋room

"apartment"の名の通り、ホテルの1室というよりは、アパートの1室のような感じです。

キッチンもリビングもあり、寝室が別になっているので部屋でのんびり快適に過ごせます。

  • 1ベッドルーム シービュー
  • デラックス 1ベッドルーム シービュー
  • ガーデンビュー

部屋の大きさはすべて同じで、小さな部屋や逆にスイートのような大きな部屋はありません。

ウィットサンデーアパートメントの空室状況>>

部屋の詳細はレビューをご覧ください ↓ ↓ ↓ 

 

施設facilities

  • プール
  • スパ
  • ゲストラウンジ
  • ツアーデスク
  • トロピカルランドスケープガーデン
  • ランドリー

プールは宿泊施設のすぐそばと、道を渡ったビーチのそばとふたつあります。

海水浴もいいけど、プールサイドでゆっくり太陽を浴びるのも贅沢ですね。

 

サービスservices

  • 空港からの無料シャトルバス
  • 無料WiFi

ハミルトンの空港はとっても小さいので、シャトルバスの乗り場はすぐわかります。

荷物をとるところがすでに外みたいな感じです。

 

情報information

  • 住所:PO Box 43 Hamilton Island, Queensland, 4803 Australia
  • 電話:+61 7 4969 9905(予約)、+61 7 4969 9999 (受付)

場所はここです。

公式HPを見る>>

Booking.comで空室を確認する>>

 

実際に宿泊してみた(宿泊レビュー)

ハミルトン島に到着。

シャトルバスも(少し待ちましたが)、無事迎えに来てくれました。

部屋は…広い

 

最初に目に飛び込んでくるのはこの眺め。

部屋からの眺め

…はい、悪天候。

ただ、このシービューは最高です。

(ちゃんと最終日は晴れました)

ハミルトン島

最終日の部屋からの眺め

 

リビング&ダイニング

ウィットサンデー

バルコニーも広いので、ここで海を眺めながらのんびり過ごすのもアリです。

キッチン

ウィットサンデー

長期滞在する人も多いので、キッチンが備え付けのホテルが多いようです。

立派なキッチンだったので、私達もスーパーで買い物をして部屋でディナーを。

ハーバーエリアにスーパーがあるので、オージービーフとお惣菜とお酒を買ってきました。

長期滞在中と思われる人たちが、ビールなどを買い込んでいるのも見かけました。

 

ベッドルーム

ウィットサンデーアパートメント

ドアもついていて、完全に別の部屋になっています。

旅行に行くとどうしても、「ホテルは寝る場所」となってしまいがちですが、ここは昼間でも部屋でゆっくりしたくなります。

バスルーム

ウィットサンデーアパートメント

広さも十分です。

プールへ行くときはプールサイドで貸し出しがあるので、部屋のバスタオルを持っていく必要はありません。

 

もちろん施設も使用しました。

プール

ハミルトン島

そんなに大きいプールではありませんが、十分な広さ。

ビーチのそばにあるプールにも行きました。

もちろん、そのまま海に飛び込むのもアリです。

敷地内も緑がいっぱいで気持ちがよかったです。

私達は2泊しかしませんでしたが、ぜひ3泊以上はしたいところ。

こんなところで特別に何もせずにのんびり過ごしたいものです。

 

まとめ:泊まりたいというより住みたい

ハミルトン島

いかがでしたか?

ハミルトン島は観光であちこち歩き回る、というような場所ではありません。

のんびり散歩したり、おいしいものを食べたり、部屋でまったりしたり。

住んでいるような感覚で泊まりたいですね。

 

【ギリ島】ヴィラ?バンガロー?非日常を味わえる宿10選-レビューあり

続きを見る

インスタグラムもやってます

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by とらべるのーと✏︎シンガポール生活情報あり (@travelnote20)

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-オーストラリア
-,

© 2021 銀のNOTEBOOK