オーストラリア

【ハミルトン島】ホワイトヘブンビーチ、ツアー体験記

ハミルトン島 ツアー

ハミルトン島はグレートバリアリーフのど真ん中にあるリゾートアイランド。

ここを拠点に周りの島に行けるツアーがたくさんあります。

綺麗な珊瑚礁が眺められるということで大人気!

そのひとつに参加してみたので、レポートします。

なかなかの結末…

まずハミルトン島の基本情報を見る>>

 

ハミルトン島から参加できるツアー

ハミルトン島 ツアー

ハミルトン島からのツアーで人気なのが、ホワイトヘブンビーチへ行くものと、ハートリーフを上空から見ようというもの。

どちらも含まれたツアーもあります。

 

ホワイトヘブンビーチWhite Heaven Beach

ホワイトヘブンビーチ

オーストラリアで最も魅力的なビーチと言われるホワイトヘブンビーチ

名前の通り、真っ白でまるで天国のようなビーチです。

砂がサラサラで柔らかく、裸足で歩くと気持ちがいい。

ビーチでアクティブに遊ぶ!というより、のんびりと何もしないという贅沢な時間の使い方をする人が多いようです。

 

ハートリーフ Heart Leaf

ハートリーフ

自然にできた、ハートの形をした珊瑚礁

保護区域のため、シュノーケルやダイビングは禁止なので空から眺めましょう。

 

どんなツアーがあるの?

  • 水上飛行機で行くホワイトヘブンビーチツアー
  • エアーリーフディスカバリー(ハートリーフ)
  • ホワイトヘブン&ハートリーフ遊覧飛行
  • ジャーニートゥーザハート

 

人気なのがやはりヘリコプターや水上飛行機を使うツアーです。

せっかくだから世界最大の珊瑚礁を上空から眺めたいですよね。

 

※ジャーニートゥーザハート(Journey to the Heart) とは?

こちらはかなりスペシャルなツアーです。

ホワイトヘブンビーチやハートリーフを上空から眺めた後、海に浮かぶ「ポンツーン」という場所に着陸して過ごすことができます。

珊瑚礁のど真ん中。

店員6名の完全プライベートツアーです。

詳細はハミルトン島公式HPのこちらのページを見てみてください。驚くはず。

1人1100ドル(2021年2月現在)と値は張りますが、それだけの価値があります。

 

また、ヘリコプターなどが苦手という人は船でもホワイトヘブンビーチに行けるのでご安心ください。

 

実際にツアーに参加してみた

ホワイトヘブンビーチ

私たちが選んだのは…

水上飛行機でホワイトヘブンビーチに行く半日ツアーです。

こちらは事前に公式HPから予約をしました。

 

選んだ理由は、

ジブリみたいでかっこいいから!

水上に着水するのを体験してみたかったのでこのツアーを選びました。

 

さて、オープンな飛行場から出発。

乗っていた旅行者は私たち夫婦二人ともう1組の日本人カップルの計4人。

これが定員のようですね。

ホワイトヘブンビーチ ツアー

無事飛び立ち、グレートバリアリーフの上空へ!

 

景色は…

グレートバリアリーフグレートバリアリーフ

綺麗だけど天気が!

晴れていたらもっともっと青かったんだろうなぁと思うと残念。

でも天気は仕方ない。

 

一番楽しみにしていたマーブルのところもこんな感じでした。

ホワイトヘブンビーチ

 

天気が良ければこういう風に見えます。

ホワイトヘブンビーチ

 

いよいよ着水。

高度をぐんぐん落として着水…

失敗して少し上がる。

 

また高度を落として着水…

やっぱり上がる。

「この天気じゃ無理だ。戻るね、ごめんね。」

ということで、ホワイトヘブンビーチには降り立てませんでした!

残念!

 

ただ上空からの綺麗な景色を見せてくれたのにツアー代は全額払い戻ししてくれました。

これもいい経験ですね。

 

ホワイトヘブンビーチにはやっぱり行きたかったので午後に船で行ってみました。

天気はやっぱり微妙でしたが、それでも真っ白で綺麗でした!

ホワイトヘブンビーチ

旅行にはハプニングはつきもの。

笑って話せる思い出になればそれでよし。

 

まとめ:やっぱり私は雨女

ハミルトン島 ツアー

いかがでしたか?

確かにこの日は天気が良くありませんでしたが、滞在中に晴れた時もあったのでしっかり綺麗な珊瑚礁を見ることができました。

人生で一度は見たい景色」のひとつ、グレートバリアリーフ。

グレートバリアリーフを楽しむツアーはハミルトン島からたくさん出ているので、ぜひ参加してみてください。

 

インスタグラムもやってます

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

とらべるのーと✏︎シンガポール生活情報あり(@travelnote20)がシェアした投稿

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-オーストラリア

© 2021 銀のNOTEBOOK