シンガポール生活

【シンガポール】外食解禁になったら行きたいチョンバルベーカリーサファリ

新型コロナウイルス感染者が増えたことにより、1ヶ月間外食禁止となっているシンガポール。

また窮屈な生活になりましたが、2回目ということで飲食店の行動が早くデリバリーの内容も充実しているように感じます。

きっとまた少し我慢すればすぐに自由に外に出られるようになるはず。

ということで、

今回は外出できるようになったら行きたい開放的なカフェについてです!

 

チョンバルベーカリーとは about Tiong Bahru Bakery

チョンバルベーカリー

シンガポールで最も有名なパン屋さんと言っても過言ではないチョンバルベーカリー。

クロワッサンが有名ですね。

現在シンガポール内に7店舗あります。

  • Tiong Bahru本店
  • TANGS Orchard 
  • Raffles City
  • Chip Bee Gardens
  • Safari
  • Funan
  •  Foothills ←NEW

店内でコーヒーと一緒に休憩してもよし、家用に買って帰るもよし。

シンガポールは本当にパン屋さんが多い印象ですが、チョンバルベーカリーはやっぱり他とはちょっと違いますね。

 

チョンバルベーカリーサファリ

チョンバルベーカリーサファリ

 

Tiong Bahru Bakery Safari

名前の通り、「サファリ」をテーマにしたカフェです。

チョンバルベーカリーの創業者がアフリカのボツワナに旅行した際に感銘を受け、この店舗を開いたそうです。

 

場所はデンプシー。

周りは緑にぐるっと囲まれ、本当に自然の中にあります。

嬉しいのが、テントの中ではあるけど外のような開放感

シンガポールのカフェは冷房が効きすぎて寒く、とてもじゃないけど長居できないというようなところが多いです。

なので自然の涼しさがかなりありがたいポイントです。

 

実際にチョンバルベーカリーサファリに行ってみた

チョンバルベーカリーサファリ

デンプシーエリアの緑の中に現れる、この外観。

右側はまた別のレストランになっています。

(こっちはこっちで気になる)

 

テントの中に入って行きます。確かにサファリ感!

チョンバルベーカリーサファリ

私たちが訪れたのは平日の14時ごろ。

お店は空いていて、でもある程度人はいるというなんとも長居しやすい雰囲気でした。笑

 

奥が注文カウンターになっています。

中の席も少しありました。

 

ずらっと並ぶパン。

そしてケーキ。

 

私たちが頼んだのはこちら。各$6.2

  • 黄色:Turmeric Ginger Latte
  • ピンク:Beetroot Roselle Latte
  • 青:Blue Pea Latte

なんとも写真を撮りたくなる彩り!笑

 

ラテのお供として、ワッフルをいただきました。

Sourdough  Waffles 

外はカリカリ、中はふわふわのワッフル。

シナモンとあと柑橘系?の爽やかな味もして、めちゃくちゃ美味しかったです!

さすがパン屋さん。

 

 

やはりずらっと並んだパンの誘惑には勝てないので、帰りに買って帰りました。

美味しいパンがあると翌朝起きるのが楽しみになりますよね。

 

お客さんがたくさん来て混むこともなかったので、ずいぶんゆっくり長居させていただきました。

友達とおしゃべりするのもいいし、1人でゆっくり読書なんかするのも良さそうだなという雰囲気でした!

 

チョンバルベーカリーサファリの情報

チョンバルベーカリー

カウンター前にあった席

住所:130E Minden Rd, Singapore 248819

営業時間:8:00-18:00

デンプシーにあります。

 

まとめ:ついつい長居してしまった

チョンバルベーカリーサファリ

いかがでしたか?

美味しいパン、見た目の楽しいコーヒー。

外に出れない窮屈な生活を我慢したあとは、こういう開放的なカフェでのんびりしませんか?

 

インスタグラムもやってます!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

とらべるのーと✏︎シンガポール生活情報あり(@travelnote20)がシェアした投稿

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-シンガポール生活
-

© 2021 銀のNOTEBOOK