アメリカーラスベガス

【ラスベガス】ストリップにある有名ホテルを巡って世界中を旅行気分

2020年10月26日

ラスベガス

ラスベガスといえば、ド派手なイメージ。

実際行くと本当にイメージのまま!特にストリップ通りを歩くだけでワクワクします。

ただ夜の街というイメージ…昼はなにするの?

ずばり、ホテル巡りです

それぞれのホテル内にはカジノはもちろん、ショップやレストラン、動物がいたりもして泊まらなくても見学するだけで楽しいんです。

私が実際に巡ってみたホテルをまとめました!

 

ラスベガスのホテルの料金

ラスベガスのホテル

ラスベガスはなんといっても宿泊料金が安い

その理由は、カジノにお金を使って欲しいからだそうです。

ここに注意

ホテルの予約サイトにのっている料金の他にリゾートフィー(resort fee)がかかります。

格安のホテルだと思って予約しても結局倍の値段になったりすることも…それも含めて予算を考えてください。

必ず予約サイトに記載があります。

 

ストリップ通り沿いの有名ホテル

どのホテルもラスベガスの中心、ストリップ通り沿いにあります。

テレビでよく見るTHEラスベガスな光景のあの通りです。

 

ベラージオ

ベラージオ

有名な噴水ショー

一番有名といっても過言ではないホテル。

噴水ショーが人気ですが、実はホテル内も素敵!ロビーにはガラスでできた花が散りばめられた天井があります。

ガラスの花でできた天井

 

ザ ベネチアン

ベネチアン

イタリアのベニスをテーマにしたホテルで、なんと全室スイートルーム!

なかなか手が出ない…そんな場合でもぜひホテル内にあるモールには訪れてみてください。

 

グランドキャナルショップス

ベネチアン

ここが室内?と疑う光景。

運河を行きかうゴンドラにも乗ることができます。

 

ミラージュ

ラスベガスの噴火ショー

噴火ショー

こちらも巨大テーマホテルで、トロピカルなイメージです。

有名なのが無料で見れる火山の噴火ショーですね。

実はここには…イルカやトラがいます!

 

Secret Garden & Dolphin Habitat

イルカがきれいなプールを気持ち良さそうに泳ぐ姿はやはり癒されます。

ドルフィン

また、シークレットガーデンには珍しいホワイトタイガー・ホワイトライオン・ホワイトレオパード(ヒョウ)がいます。

シークレットガーデン
ホテルの敷地内にこんなものを作ってしまうのがラスベガスらしいですね。

 

パリスラスベガス

パリスラスベガス

その名の通り、フランスのパリをテーマにしたホテルです。

エッフェル塔や凱旋門の造りは本当に忠実で、パリに来た感じの写真が撮れます!

また、施設内もパリをイメージして作られているのでブラブラヨーロッパ気分で散歩するのもいいですね。

 

ニューヨークニューヨーク

ニューヨークニューヨーク

こちらもそのまま、まさにニューヨーク!自由の女神がいます。

ホテルの1階にはニューヨーク出身のあの人気バーガー店、shake shackもあります。

ニューヨークの高層ビル街を走るジェットコースターに乗ってみるのもいいですね!

これは本物のニューヨークではできない。笑

 

エクスカリバーホテル&カジノ

エクスカリバー

とにかくお城の外観がかわいいホテルです。

ストリップの南にあり少しど真ん中からは離れているということもあり、ファミリー観光客に人気

このお城に泊まるんだよって言うと子供達は喜びそうですね!

 

シーザーズパレス

こちらは創業50年以上の老舗ホテル。

ハングオーバーなどの映画の舞台にもなった有名ホテルです。古代ローマがテーマです。

 

フラミンゴ

1946年に操業開始された、ラスベガスで最も古いカジノホテルです。

やっぱりこのギラギラの街、ラスベガスの第1歩になったホテルは見ておきたい!

「伝説のマフィア」が設立したっていうのもなんかアメリカらしくて惹かれます。

 

ラスベガスの雰囲気を知る

ラスベガスのホテル

:オー・マイ・ガアッ!(浅田次郎)

 

映画:ハングオーバー

音楽:L'Arc~en~Ciel の Driver's High

 

DMMのDVD/CDレンタル

 

YouTube:バナナTV

 

バナナTVは私の旅のバイブルと言っても過言ではありません。

とにかく設楽さんが美味しそうに食べるし、ふたりがとっても楽しそうで何度でも見てしまいます。

 

 

まとめ:ラスベガスでホテル巡り

ラスベガス

今回まとめたホテル以外にも、魅力的なホテルがたくさんあります!

是非、色々なホテルを巡って世界中の雰囲気を味わってみてください。

それぞれのホテルはシルクドソレイユなどのショーの会場になっていたりするので、それに合わせて訪れるのもいいですね。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アメリカーラスベガス

© 2021 銀のNOTEBOOK